熟練の経験とクリニックだからできるアフターケアで選びたい「青山エルクリニック」

青山エルクリニックでの脱毛は、医療レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛は光フラッシュ脱毛より痛みが大きいという反面、効果が大きいというのも事実です。
この青山エルクリニックでは、日本でレーザー脱毛が行われ始めた年からレーザー治療を始めたというのですから、熟練の経験と医療機関であるという安心感は絶対的です。
医療レーザーというと、怖い!痛い!というイメージがあります。レーザーを体に当てるということ自体、普通に生活していれば経験することはありません。輪ゴムをパチンパチンと弾くような痛さと表現する人が多いです。毛量が多い場合や毛質が太かったりすると、痛みは大きくなります。冷やしながらの施術ですが、麻酔を使用したりはしません。
施術回数としては6回以上の脱毛で、ほぼ永久的な脱毛効果があるということです。
アフターケアについては、脱毛部位に赤み、腫れなどが生じることがありますので、軟膏を処方してくれます。自宅では冷却後に、抗炎症作用のある軟膏を3日間塗ります。

青山エルクリニックでのレーザー脱毛をするときの手順
1.医師とのカウンセリング
2.レーザーを照射する範囲を決めて、ラインを描きます。
  (初回のみ、経過観察のために写真撮影を行います)
3.レーザー脱毛開始
  1~2センチの円形の光が皮膚に照射されます。
4.照射後は、薬を塗って終了

脱毛範囲をマーキングしたり、経過観察の写真撮影、軟膏を塗ったりするのは、クリニックならではの手順ですね。

無理な自己処理で皮膚を傷める前に、きちんとした脱毛を早めにすることをおススメします。